ライチティパンナコッタ

raichi tea1.jpg

いや~、今日はすごい雨でしたねぇ。
これは外出無理!と思えば思うほど、なんか外に出るようなことがしたくなるのは何故でしょう。w

今日は家で諸々片づけることがあったので、もともと引きこもりdayと決めていたのですが、お昼すぎから無性に甘いものが食べたくなりまして。
で、そういう日に限って甘いものないんですよねぇ。ひとつも。参った。

雨の中買物に出ようかとも思ったけど、槍のような雨に挫けて、今家の中にある材料で簡単に(←ここポイント)作れるものを考えることにしました。

で、作ったのがこちら。

ライチティパンナコッタ。

パンナコッタにライチティゼリーをソースにして2層といたしました。
思いつきで作ったわりには2つの甘味がうまく融合した大成功の味で、とってもおいしかったです。>自画自賛

でも課題も少々。

まず紅茶のゼリーが濁ってしまったこと。アイスティを作るときうまく作らないとクリームダウン=濁りがでますよね。
そうならないよう急冷したのですが、ゼラチンを加えたら一気に濁りました。
うーん、茶葉との相性かなぁ?
要研究です。

あとはゼラチンの分量ですかね。
ふるふるのやわらかい食感を目指したのでゼラチンの分量を少なめにしたのですが、紅茶のゼリーにはもうちょっと多い方がよかったみたい。
これも次作るときの課題です。

課題ありですが、本日作ったレシピを載せますね。
もし作られる方がいて、私の課題の謎がわかったら教えてください!

ライチティパンナコッタ

【材料】(ラムカン6個分)

杏仁霜 20g
牛乳 100cc
グラニュー糖 60g
水 100cc
板ゼラチン 4g(水で戻し、よく水をきっておく)

生クリーム 150㏄

ライチティ 10g
湯 300cc
砂糖 大さじ1~2(お好みで)
板ゼラチン 4g(水で戻し、よく水をきっておく)

【作り方】

1.杏仁霜と牛乳を鍋に入れよく混ぜ、沸騰直前まで加熱する。ここで火を止め、10分以上置いておく。=香りをつける。

2.1の鍋にグラニュー糖と水を加え加熱する。沸騰したら火を止め、ゼラチンを加え溶かす。ボールに移し、氷水にあてながらとろっとするまで冷やす。

3.生クリームをゆるく筋がつく程度まで泡立てる。*泡立てすぎないでね。

4.2に3をひとふり入れ混ぜ、残りの生クリームを全部加え混ぜる。器に流し入れ冷蔵庫で固める。

5.ライチティを作る。温めたポットに茶葉を入れ熱い湯を注ぎ蓋をして、3~4分蒸らす。ボールにあけ、砂糖を加え混ぜる。氷水にあて冷やし、レンジで20秒ほど温めたゼラチンを加え混ぜる。

6.4のパンナコッタが固まったら、その上にライチティゼリーをそっと流し入れ、冷蔵庫で固める。でき上がり♪

■memo■パンナコッタが固まるのを待つ時間がなければ、紅茶のゼリーは別で冷やして、あとで削ってのせてもいいと思います。
それから上にも書きましたが、ゼラチンの分量をあと1g増やした方がいいみたいです。

レシピをプリントアウト


raichi tea3.jpg

今日使ったライチティはペニンシュラのもので、先日K先輩からいただきました。
ちなみに先輩と呼んでいますが、私より8つも年下のかわいい女子です。w
以前勤めていた会社に先に入社していただけでみんなに先輩呼ばわりされて。ま、年下ちゃんとは思えないほどしっかりしていますから、先輩と呼んでもしっくりきちゃうのかな?(笑)

そのK先輩、6月にかわいい男の子を出産しまして、生まれたかわいいK太くんに会いにK先輩の家を先日訪ねて行ったのです。
こちらの紅茶はその時にいただきました。
どうもありがとう♪

ペニンシュラのフレーバーティはとっても上品な味でおいしくて、大好きです:)
こちらのライチティもほのかな甘みでとってもおいしいお茶です。

お茶として飲んで楽しんでいたのですが、なんかお菓子に使ってもおいしい味だよなぁとぼんやり考えていたので、今回こうして変身させてみました。

想像通りいい感じに仕上がったので、もうちょっと研究して完成版を作りたいと思います。

濁りが気にならなければ、これもありかも?ですが:D


BGM♪ 100s 「そりゃそうだ」

tags