旅の思い出@愛媛


年末のハワイから載せようと思っている美味しいもの写真がたくさんあるのですが、すでに半年経とうとしていることもあり(汗汗・早いなっっ)、よし、ここは直近のものから遡って載せられるものから載せていこう!という、後向きな前向きさで先週行った愛媛の旅から、自分用旅の備忘録に振り返ってみようと思います。




5月はGWがあるから、あまり旅に出ることがないのですが、実はこの季節の旅はとても気持ちがいいことに気づいてしまいました。
五月晴れの月ですものね。
お天気も気候もよく、来年から5月の旅が定番になりそうなくらいとても気持ちの良い旅でした!




羽田からは富士山がくっきりみえて、旅立ちから幸先よい感じ♪



01airport2.jpg

そしてキーンとひとっ飛びで四国。
島々が美しいです。



02airport3.jpg


愛媛では道後温泉の「ふなや」 に宿泊。

こちらはお食事もおいしいとのことで、着いた早々まずは宿自慢の鯛づくしランチをいただきました。

鯛なますに鯛の潮汁にづけ鯛入り松山鮓と、これでもかという鯛づくし。鯛そうめんとか、愛媛が鯛料理を売りにしているの、実は知りませんでした。前に来たときはなかったような。。?
いずれにしろ、季節の小鉢も煮物の盛り合わせもデザートのゼリーもおいしゅうございました♪



03dougo112.jpg

さてさて、腹ごしらえもしたところで温泉へGO。
と、宿の向いに神社があったので、とりあえずお参りしてから行くことに。
ちょっと急な石段を上った先に見えたのは「湯神社」!

うわー、お湯が神様ですか!(笑)

お湯の神様にお参りするのは初めての経験w
でもなんか肌や体ににとても良いご利益がありそうな気もします。



04dougo10.jpg


この湯神社から上ってきた方と逆方向へ降りていくと、道後温泉本館へ辿りつけました。ショートカット♪

この角度から全景で道後温泉本館をみるのも面白いなと。

普段の入り口は写真の裏側ですが(「道後温泉」の看板がある方)、写真の手前に見える入口(緑の屋根のところ)は、明治天皇、昭和天皇がいらしたときに使った入口だそうです。
明治天皇1回、昭和天皇2回の計3回しか使ったことないんですって。
まぁ贅沢!



05dougo111.jpg

で、下々の我々はw、ぐるっとまわって見慣れた入口へ。
前回来たとき激混みだったので、芋洗い状態覚悟で行きましたが、ちょうど空いている時間で、良い感じでお湯を楽しめました♪ラッキー。



06dougo1.jpg


道後温泉のお湯はやっぱり素晴らしい。
温泉にゆったり浸かり、坊っちゃん団子もいただき極楽。
部屋の中を風が気持ちよく抜けていき、とても気持ちよかったです。



07dougo8.jpg

外へ出てふと隣をみると、「ビール冷えています」の幟が。
・・誘われてる。

湯上りのビール、まぁ飲みますよね(ニンマリ)

思うつぼ?w




08dougo9.jpg

ビール屋さんをほろ酔い気分で出てきたら、さっきまでなかった坊っちゃんマドンナが。

まぁ顔だしますよねっ

酔っぱらい、思うつぼ!w




09dougo113.jpg

さてこの後さらに宿の温泉も堪能し、若干湯あたりしたままw頭の芯が痺れるくらい素晴らしい素晴らしい時間を過ごし、帰ってきてからさらに温泉を堪能し、幸せすぎる気分で就寝。

そして朝も5時に起きて温泉へw 
宿の温泉も本当~に素晴らしくて、温泉三昧の旅がさらに幸福感を倍増させました:)

いつも食べない朝食も堪能♪



10funaya1.jpg

ふなやさんはお庭も素敵なので、朝ご飯のあとにお散歩。



11dougo5.jpg


温泉へ向う渡り廊下の下をすごい勢いで水が流れていたんですよねー。この小川はどこに繋がっているんでしょ?



12dougo7.jpg

お庭には足湯場もあり。
朝は使えませんでしたけどね。



13dougo6.jpg


そして宿の右手には、湯神社とは別の神社への長ーーーい階段があったので、上ってみることに。



14dougo3.jpg

神社はいたって普通な神社で(失礼)、これといった特徴はありませんでしたが、境内が回廊になっていて一周できたのが面白かったです。
しかしこんな上まで上ってくるもの好きは、我々と外国人観光客くらいでしたw



16dougo4.jpg


道後を堪能した後は、松山城へ。
リフトで上ってみました♪ リフト懐かしい! スキー場みたい:)




17matsuyama3.jpg

はい、着きました。松山城。
重要文化財松山城の立て札の隣にはベンチが。
ベスト撮影ポイントみたいですw
まぁ撮りますよねww




18matsuyama2.jpg

前回来たときは桜の季節で、お城の周りが満開の桜でお見事!だったのでそんなことを思い出しながら緑の季節も綺麗だねぇなんて言っていたらっ。

サクランボがたくさんなってる!

うわー、ウチの近所の桜にはなってませんよ?
桜の種類が違うんですね、たぶん。
かわいい♪




19matsuyama4.jpg

日曜日ということもあり、とても混んでいてお城の中もイベント盛りだくさんで芸者遊び実演とか横目に見ながら、サクサクと天守閣へ。

素敵な眺望です♪

この日も(も?)ガスってましたがw、やっぱり天守からの眺望は素晴らしかったです。



20matsuyama1.jpg

さて、帰りの飛行機まで若干時間があるしどこ行くー?と、色々検討した結果、内子へ足を延ばしてみることにしました。

しまなみ街道をドライブとかが気持ち良さそうでいいねぇと話してましたが、Mちゃんが私が行った行ったことないところへ行こうと提案してくれまして。



で、内子。

ガイドブックにも載っているし、まぁこじんまりとしてそうだけど、行けばそれなりに何かあるんじゃない?と行ってみることに。




で、結論としては、


「私の人生史上最もやる気のみえない観光地に辿りついた」とww

(失礼。ごめんなさい。でも本当に観光地??だったんです)





いやー、なかなかない経験で、それはそれで良い思い出となり楽しゅうございました(笑)






まずは、なんか聞いたことあるぞ?と 内子座へ。




21uchiko8.jpg


大正時代に建てられたという劇場は、狂言や文楽など芝居を中心に文化活動に活用されているとありましたが、中から聴こえてくるのは町のおっちゃんのカラオケ(!)

・・・まぁ地域に愛されている小屋なのでしょう←ポジティブ



22uchiko7.jpg

町の景観保存地区とやらがメインスポットらしいということで、そこを目指してぶらぶら歩いてみましたが、歩けど歩けど辿りつかない。

そして不思議なことに町に人もいない!



23uchiko6.jpg

わかりづらーーーい道をぐるぐる歩いてようやく辿りついた保存地区は、ここもやっぱり人がいない!
観光客は我々だけ?!



24uchiko2.jpg

辛うじて、昔から続いている和蝋燭屋さん があり、覗いてみたら待ってましたとばかりにおばちゃんが蝋燭作りについて語りはじめました。

今でも一日30本ほど手作業で作られているそうです。



25uchiko1.jpg




はい、見どころお終い!(笑)

終わっちゃいました。観光。


あ。こんなのもあったか↓(失礼)

古いお家の前にトウモロコシが干してあり、雰囲気はいいよなぁと思っていたら。



26uchiko4.jpg

1本200円。ひとしばり400円ですと。

えええ?売り物なの?

景観保存地区のオブジェ的なものかと思いました。




27uchiko3.jpg

その隣には懐かしの竹トンボも売っていましたよ。



28uchiko5.jpg

親戚でもいない限り行かないような田舎の町を見れたのは、それはそれで面白かったです。


内子に辿りつくまでの高速道路もかなりスリリングで、やっぱり私の人生ギャグかもと思う、何もないわりにはかなりインパクトのある観光となりましたwww

しかし1車線の高速道路で150キロで追いたてるの、やめてくださいよ、愛媛のみなさん。
運転下手なワタクシ、もう必死!で泣きそうでしたからT_T




前回道後に遊びに来た時は、人の印象があまりよくなくて(すみません)、愛媛の街にあまり良い印象を持っていなかったのですが、今回の旅で良いイメージに一新しました!

なんでも「坊っちゃん」とか(坊っちゃんビール、坊っちゃんスタジアム、坊っちゃん団子etc・・)、

なんでもみかんとか(写真ないんですけど、みかんおにぎりとか。あと蛇口からミカンジュース!)、

郷土料理に鯛料理推し、のわりには浸透力が低かったり、

道後でオンセナート2014 開催中でしたが、こちらもPRが薄かったり、

全体的に推しが弱い感じがした・・・

と、まるでディスっているような褒めようですが、本当に心の底から良かったんですよ、今回の旅。




の~んびりした県民性を感じて、良い場所でした!

まさに坊っちゃんの世界ですね:)




29airport1.jpg

帰りは愛媛といえば?と思い浮かばないけどイチオシ郷土料理らしい鯛茶漬けをいただき、愛媛にさようなら。

道後温泉は素敵な温泉なので、また遊びに行きます!






BGM♪ 星野源 / 夢の外へ

tags