ホノルルマラソン2014

横浜マラソンのことを書いたら、やっぱりホノルルのことも少し書き残しておきたくなりましたので、こちらも備忘録で載せておきます。
もう春なのにねぇ~w


2013年末に初めてのフルマラソンチャレンジでホノルルマラソンを走りましたが、「走った」というより「歩いた」という方が正しい参加でしたので、やはり一度は真面目に走ってみたいなぁと、再度チャレンジするべくホノルルへ行ってきました。



01-honolulu04.jpg

前年参加して思ったのは、移動の大変さ。
走るために行くには飛行時間が長いのと時差がきつい。

飛行機の中で(なぜか)「探偵ナイトスクープ」とか観てゲラゲラ笑っていましたが(あまりにくだらなく可笑しい話で話したいけど割愛・笑)、到着後はやっぱりぐたーーーっとなりました。



02-honolulu03.jpg

前年、移動疲れから腰を痛めたこともあり、今年はゆる~りと大会まで過ごしました。



03-honolulu02.jpg

一応ワイキキビーチ走ったりはしたんですけどね。




04-honolulu01.jpg

でも基本的に夕日見て飲んだくれてたかとw



05-honolulu2014-02.jpg

大会前日、ゼッケンをつけていたら、今年ご一緒したHさんと大会当日に着るウエアが色違いながら偶然同じことが判明。

「うわーーー、奇遇だねぇ!」と、二人できゃっきゃっと盛り上がり写真まで撮ったりして、「なんか絶対ゴールできる気がする~!」と根拠のない自信が湧いてきたのでした。
でもこういうの大事(笑)




06-honolulu2014-06.jpg

盛り上がったまま、というわけではないですが、今回は出発前の腹ごしらえ用のおにぎりを作ったりもしました。

前年にコンビニで買ったおにぎりがカナシイほど美味しくなかったので、あちらに着いて「おにぎりを作ろう(ポン!)」と思いついちゃったんですけど、お米はあったけど、おにぎりの具になるものが見当たらない。
仕方ないので、韓国海苔巻いただけの塩握りw
でもコンビニより全然美味しかったです!



07-honolulu2014-07.jpg

宿泊先のトランプインターナショナルは立派なキッチンがあり、調理には困らないはずでしたが、まぁ設備は立派でも機能が・・・
お湯沸かすだけでも大変でした(笑)

ちなみに前年も同じホテルに3人で泊まり、今回の倍以上ある広さの部屋でダイニングキッチンだけでウチのリビングより広かったのですが、前年はコーヒー淹れたりお茶飲む以外キッチンを使わなかったので、こんなに使えないキッチンだとは想像もしませんでした(失礼)

道具はひと通り揃っていますが、調理するには不向きかも。。




08-honolulu2014-03.jpg

おにぎりで腹ごしらえもし、スタート地点に向うためホテルを出たら、なんと霧雨。
天気予報的中です。

でもザーザー降りじゃないし、小雨だからそのうち止むかなぁ~なんて思いながら、花火見ながらスタート。




09-honolulu2014-04.jpg


10キロ地点の給水所あたりで一旦雨は止んだのですが・・・

その後、ハイウェイに入ってから嵐のような天候になりまして。

向い風に雨。

顔に雨がピシピシあたるのも嫌でしたが、お腹に雨があたり冷えてしまったのが何より困りました。
周りを見回して、みんな一生懸命走っているので条件は同じ!と思っても、やっぱり心が挫かれる。
天候はやはり大切です。




10-honolulu2014-05.jpg

ハイウェイの途中でみんなが振り向いて写真を撮っていたので、何かなぁ~とみたら。

わお。虹だ!

雨で気持ちが萎えていたところに、笑顔になれた瞬間でした。
ま、一瞬でしたけどねw



結局最後まで雨は止まず、晴れ間が見えてもシトシト降っているようなお天気で、32キロ付近でもう~嫌だ!となり、歩いちゃったんですよね~




3キロほどトボトボ歩いたところで、後から「そこのナイキの帽子のお兄さん~!もうすぐゴールですよ!走りましょう!」とか大声で言っている女性の声が聞こえて、どこかのツアーの団体さんの励まし役の人かなぁ~、まぁすぐ通り過ぎて行くよねぇ~なんて思いながら背中で聞いていたら、なんと私の背中をぐーーっと押してきて、「ゴールまで一緒に走りましょう!」と言うじゃないですか。

何何何?!と声の主をみたら。

なんと!高橋尚子さんでした!

うわーーー、Qちゃんだーーーー!

と、びっくりして、思わず走りだしちゃったという。現金なw


Qちゃんはずーーーーっと大きな声で周りを励ましていて、私のように思わず走りだしちゃう人続出で、かなりの団体になっていきました(笑)

このまま一緒にゴールしたいなぁと思ったのですが、そこはやはり金メダリスト。

おそらくQちゃんにとっては歩くような速度だと思いますが、疲れ切った一般ランナーにはちと速いペースで、後ろにいた高校生男子も「速くね?」と言っていたので、みんなついていくのが結構きつかったと思います。

私も4キロほど一緒に走りましたが、そこから徐々にペースダウンし、残り4キロほどは自分のペースでゆっくり走っていきました。



今回の目標だった6時間以内のゴールが40キロ付近で可能なことがわかり、最後の2キロほどは自分でも驚く走りっぷりでゴール。

最後は元気に走ってゴールインできたのが本当に嬉しかったです。

あそこで背中を押されていなかったら最後まで歩いていたと思うと、Qちゃんに感謝感謝です。




11-honolulu2014-01.jpg

氷のお風呂に入ったり、マッサージ受けたりして生き返った後は、部屋で打ち上げ。

初めてのフル後はごはん食べられない・・とか思ったけど、2年目ともなるとしっかりごはん、どころかビールまで飲んだりして、意外と元気。
初フルだったHさんは、完走後にもらったマサラダをその場で食べたりしましたので人によると思いますがw




12-honolulu2014-08.jpg

何はともあれ、雨で大変ではありましたが、無事完走できたし、長い道のりで見た風景や出来事がありありと思い出せる、2年目も楽しい楽しいホノルルマラソンでした:)



tags