ワイナリー巡り~ボルドー編#4~Ch. de Reignac

01-chreignac1.jpg

2番目に訪れたシャトーは、 シャトー・レイニャックです。

こちらのシャトーは、#3のCh.De La Dauhpineから少し西に行ったところ、二つの川の間に位置するシャトーです。



map-regnac.jpg

ガロンヌ川とドルドーニュ川の間に位置するこの地域は、アントルドゥメール(Entre-Deux-Mers:二つの海の間という意味)と呼ばれる地域で、リブルヌ地区と同じく格付けシャトーはありません。

シャトー・レイニャックも格付けはなく、AOCもAOCボルドーと大きな括りになります。

あまり有名シャトーじゃないし(失礼)、ワインもカジュアルなものが多いアントルドゥメールだしと、それほど期待はしていなかったのですが、こちらのシャトー見学、とても楽しゅうごいざいました!



02-chreignac2.jpg

まずは葡萄畑にご案内いただき、シャトーの概要を説明していただきました。
ここも炎天下での説明・・暑かった・・・

シャトー・レイニャックは、16世紀から続く歴史あるシャトーで、1990年に実業家のイヴ・ヴァテロ氏によって畑や設備を一新して再出発したとのこと。
ボルドーに流れる二つの大河の間、サンルーべ村の135haの敷地に約80haの葡萄園を所有。
それぞれの特性を持つ土壌で、主にメルロとカベルネ・ソーヴィニヨンが栽培されているそうです。

イヴさんは以前はエンジニアだったという異色の方で、ワイン造りも彼の発想が生かされているとのことです。

と、ここでも大金持ちになるとシャトーを買うの巻きを拝聴。
何故お金持ちはシャトーを所有したがるんでしょ(笑)



03-chreignac6.jpg

こちらの葡萄ももう来週には収穫というよく熟した時期でした。
美味しかった♪←やっぱり食べるよねw

こちらのシャトー、なんと収量はグランヴァン以上に抑えているんですって。
オーナーのヴァテロ氏は、ぶどう栽培に最適な環境(ミクロクリマ)を産み出すため、敷地内に湖や運河を作る徹底ぶり。ぶどうの栽培も限りなく自然に近い形で行われ、畑は緑に覆われています。ぶどうの収穫は手摘みで行われ、その収穫量は平均で30ha/hlとボルドー格付けシャトー以上に抑えられているとのことです。
わお。これはすごいですね。

世界最新の醸造設備を備える今では、著名コンサルタント ミッシェル・ロラン氏とともにワイン造りを行い、1級シャトーを越えるとの評価もあるほどだそう。ほぉ~。



04-chreignac14.jpg

ちなみに近年のワイン造りでは、コンサルタントの力は大変なもので、有名コンサルについてもらうとそれだけで評価がぐっと上がるほどです。
もちろん味と質が上がるからですが。
コンサルってすごいですね。



05-chreignac13.jpg

でも弊害(弊害って言っていいのかな?笑)もあって、みんなが同じ有名コンサルにお願いするから、どのワインも似た傾向になっているとも言えます。
ある意味面白味がないともいう(失礼)

ミッシェル・ロランさん監修のワイン、私も大好きなんだけど、飲んですぐに「あぁ~流行りのワインだなぁ~」と思うところがなんとも、ね。
まぁ大変美味しいから文句ではないんですけど。
まぁそれだけ多くの人に美味しいと思わせるワインを造るのもすごいと思いますけど。
でも流行り系と思うのも確かなんですよね(毒?w)



06-chreignac3.jpg

こちらのシャトー、卵型の醸造樽がありました。
卵型は角が無いため内部に対流が起こり、上部と下部の温度差が少なく、自然なルモンタージュ(=ワインを循環させる作業)の効果が得られるとのことです。



07-chreignac5.jpg

熟成庫には赤ワインを中心にたくさんの樽がありました。
ちなみに真ん中を赤くしているのは、ワインの補充をしたときなどに液が垂れて樽が汚れるのを少しでも美しく見せるためだそうです。
フランス人のこういう美意識ってすごいですよね。



08-chreignac12.jpg

熟成は全てフレンチオークの新樽で、この熟成に世界最高峰のワインにも採用されている「オクソラインシステム」=熟成中の樽を回転させて澱を撹拌することで旨味をワイン全体に行き渡らせるシステムを取り入れているとのこと。

写真だとわかりづらいのですが、樽ひとつずつを乗せている黒い枠に小さな車輪がついていて、これで樽をくるっとまわすことができるんです=オクソラインシステム



09-chreignac10.jpg

こちらのシャトー、何がすごいって見学を楽しませる工夫がたくさんあったことです。

醸造所内の説明をひとしきり聞いた後、向ったのは庭園。

温室や庭にはワインの香りに関する草花がたくさん植えられていて、実際に匂いを嗅ぎながらワインの香りを確認することができたのです。素晴らしい。



10-chreignac29.jpg

たとえば、ソーヴィニヨン・ブランの香りを表現するときに「ツゲの香り」とよく言うのですが、ツゲなんて嗅いだことないしわからんよと思っていたら。まぁ、こちらのガーデンにあるじゃないですか!
初めて嗅ぎました、ツゲの香り!
確かにソーヴィニヨン・ブランからこの香りします!!



11-chreignac9.jpg

実際手にとって楽しむって大切ですよね。
すごい勉強になりました。

こうした工夫は、ワイナリー見学にきた子供たちにも楽しんでもらうためとのこと。
素晴らしいですね。



12-chreignac30.jpg

こちらのガーデン見学、訪れたどのシャトーにもこの工夫はなかったので、大変楽しゅうございました:)



13-chreignac7.jpg

おまけで。
こんな写真スポットもあり(笑)

マチュー先生と今ツアーご一緒だったEさん(お顔隠したから大丈夫かな?)
ウクライナ出身のEさん、モデルさんのように美しい方で、写真も絵になりまなぁ~



14-chreignac28.jpg

見学の後、テイスティングへ。
鶏小屋だったという面白い建物の中でのテイスティングです。



15-chreignac27.jpg

中も独特の造り。



16-chreignac23.jpg

真ん中に滑車があり、2階と繋がっていました。実際にこの滑車を使っている気配はありませんでしたが。



17-chreignac22.jpg

2階に上がってみて、上から滑車を見下ろしてみたの図。



18-chreignac21.jpg

2階から下を見たら、みなさん熱心にテイスティング中でした。



19-chreignac8.jpg

テイスティング前に、ちょっと2階の様子を。
2階は応接スペースのようになっていました。



20-chreignac16.jpg


ヨーロッパの国のこうしたちょっとしたスペースがかわいい&美しいんですよね~
アジアとはテイストの違うこの感じ、カッコかわいいです:)



21-chreignac25.jpg

さて、私もテイスティングに参加!



22-chreignac24.jpg

こちらのシャトー、テイスティングノートもありまして、とても親切だなと思いました。
他のシャトーは口頭のみでしたからね~
飲みながらメモ取るの大変なのよね。
なので、このノート、とっても有難かったです!



23-chreignac20.jpg

この日飲んだのは若いワインを中心に以下の4種類。

1.Reignac White 2014(白):ソーヴィニヨン・ブラン80%、セミョン10%、ソーヴィニヨン・グリ10%とういう珍しいセパージュ

2.Ch. de Reignac 2012:メルロー75%、カベルネ・ソーヴィニヨン25%

3.Grand Vin de Reignac 2012:メルロー70%、カベルネ・ソーヴィニヨン25%、カベルネ・フラン5%

4.それから、テイスティングノートにはなかったのですが、上位ワインの「BALTHUS(バルチュス)2012」も出してくれました!
こちらは100%メルロー!

レイニャックと同じ敷地内のわずか3ヘクタールの区画から造るスペシャルワインがこのバルチュス。ぶどうの収穫量はなんと15hl/ha(グランヴァンといわれているワインの半分以下)で、味わいが最高に凝縮したぶどうを収穫します。
2002が初ヴィンテージで、名前の由来は息子のバルタザール君とぺトリュスを掛け合せたと言われています。

大変美味しゅうございました♪
やわらかくてボリューム感ありながら、繊細なトーンもあるワインでした。



24-chreignac17.jpg

訪れたどの各シャトーにも日本のワイナリーのようなお土産スペースはほとんどなかったのですが、ここは珍しくお土産スペースあり、シャトーのワインも直接買えるようになっていました。
やっぱりテイスティングしたら買いたくなりますよね~



25-chreignac18.jpg

バルチュスもいっぱい。



27-chreignac15.jpg

ラヴェルの色違いは~・・・なんだったんだろw
かなり酔っぱらいで、写真撮っても覚えてないというww
ヴィンテージ違いかなぁ~?(ホント、すみません)



28-chreignac19.jpg

そんなほろ酔い加減の最後となりましたが、大変楽しいシャトー見学でした。

こちらのシャトー・レイニャックも見学を楽しんでもらおうという姿勢が素晴らしかったです。

とってもとっても楽しく勉強になったシャトーレイニャックでした。






BGM♪ Angelina Jordan / Fly Me To The Mo

tags